benner - formerly known as grotesque frame

2011年10月、grotesque frameはbennerへ名称を変更しました。

プロフィール

benner|agent

Author:benner|agent
ドイツの個性派アイウェアブランド、benner(ベナー)です!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/28 16:00|新作情報CM:0
当blogをご覧いただいている、数少ないgrotestantの皆さま、こんにちは。

いよいよSLIT2009まで、後10日ほどまで迫って参りました!
そこでリリースされる日本限定モデルについては先日お伝えしましたが、新しい情報(ちょっとだけ)が入りました!

まず、Japan limitedのコレクション名が決定いたしました!

ババン!
その名はOrochi(オロチ)!!!!
orochi logo

Japan limitedですので、grotesque|frameが持つイメージを日本語で表現しました。
2002年のSilmo展を騒がせた、あのgrotesque|frameが日本限定で復活です!

一体どんなスタイルで登場するのでしょうか?
その全貌はSLIT2009で発表です!


でも、気になりますよねぇ。。。
実は先ほど、製作途中の画像が届きました!
シェイプは、かなり想像を逞しくしないとわかりませんが、カラーはハッキリと見て取れます!
ご期待くださいませ!

orochi in cutting

orochi in cutting

ただ…、
まさに今、ドイツで製作しておりますので…、
納期がギリギリなんです!
ギリギリと言っても、間に合うとは思いますが…。
いやさ、間に合ってもらわないと困るのですが…><

やはり楽しみと言うのは、スリルがある方がエエですよね!?
NO RISK, NO FUN


NO FUTUREにならない事を願うのみです。。。
スポンサーサイト
2009/03/16 18:32|展示会CM:0
当blogをご覧いただいている、数少ないgrotestantの皆さま、こんにちは。

本日はメガネ小売店さまへ業務連絡です。

grotesque|frameは、来る4月8(水)・9(木) 東京 表参道ヒルズB3Fにて開催されるSLIT2009に参加いたします。
SLITに参加する27ブランドの中に取り扱いブランドのあるお店様のお手元には、そろそろカタログが届くかと思われます。
またgrotesque|frame取扱店様や、運悪くワタクシと知り合ってしまったお店様には、個別にアポイントメントシートをお送りさせていただいております。

ただ、「ウチはひとつも取り扱いあれへんから行かれへんのか!」とお怒りの方や、
「grotesque|frameを見てみたいねんけど…。」とお嘆きの方が、もし!いらっしゃれば、
1000%ウェルカム!ですので、ご連絡くださいませ!
カタログ(数部しか残っていませんので、早い者勝ちです!)とアポイントメントシートを、ソッコーでお送りさせていただきます!

尚SLITでは、『招待状』なるものを作成しておりませんので、お名刺2枚だけご用意いただければ、どなたでもご入場できますので、ゼヒゼヒお越しくださいませ。(一般の方のご入場はご遠慮いただいております。)

一般の方へ朗報!
SLIT終了後の4月10日・11日は青山のLunettes du Jura GRAND店様にて行われる、ジュラ・サミット(大トランクショー)に、grotesque|frameは参加いたします!
ソチラでもバッチリと新型をご紹介できますので、東京近郊にお住まいの方はゼヒ、足をお運びくださいませ!
2009/03/09 15:47|新作情報CM:0
当blogをご覧いただいている、数少ないgrotestantの皆さま、こんにちは。

春の一大イベントであるSLIT2009まで、いよいよ一ヶ月を切りました!
我がgrotesque|frameも、その場で新作を発表する運びとなりました。
今回は、ニューモデルを4型と従来の人気モデルに新色を追加予定になっております。

さらに、る日本限定モデルのリリースが決定いたしました!!!!

ブランド誕生から7年目を迎えたgrotesque|frameですが、「最近、初期の頃に見られた あの『やんちゃ』なイメージがなくなってきたねぇ。。。」とのお声をアチコチで戴くようになってきました。
ワタクシも何度かダニエルに「最近おとなしいデザインが増えてきたなぁ。」とか、「もうちょっとグロテスクなデザインも増やせば?」と打診してきたのですが、彼は奇抜なデザインはヨーロッパでは売れにくいとの理由で、なかなか首を縦に振ってくれませんでした。

しかしココで引っ込めば、「今まで愛してくれてきたgrotesqueファンの皆様をがっかりさせてしまう!」と。「コレはイカン!」と思ったオイラは、
「ホナ、日本限定モデルを作ってくれへんか?」とぶつけてみました。
するとダニエルも「その手があったか!」と二つ返事でOKしてくれたのです!
ここのところ、シュッとしたデザインの多かったgrotesque|frameが、再び旋風を巻き起こす!かも?
この春の「竜巻旋風脚」を目指します!

…と言うワケで、久々にグロかっこいいgrotesque|frameが帰ってきます!

本数はシリアルナンバー付きで100本

まずはSLIT2009にてお確かめください!
尚、店頭発売は6~7月頃を予定しております。

まだ画像はありませんが、ご期待ください!

検索フォーム

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 benner - formerly known as grotesque frame All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。