benner - formerly known as grotesque frame

2011年10月、grotesque frameはbennerへ名称を変更しました。

プロフィール

benner|agent

Author:benner|agent
ドイツの個性派アイウェアブランド、benner(ベナー)です!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/30 23:59|展示会CM:0
当blogをご覧いただいている、数少ないgrotestantの皆さま、こんにちは。
今日は長いよ!

2009年9月16日(水)
朝6時にホテルまで迎えに来てくれたダニエルと共に、一路パリに向けて出発です!
予定は7時間ドライブ!
まだ真っ暗な道(しかも凄いモヤ!)を突っ走ります。
ドイツ国内はずっと下道(2時間)で、フランスではずっと高速(5時間)っちゅう予定。

ドイツでは黒い森を突き進むのです。
オッフェンブルグ方面へ向かっている時ダニエルが、「OG(オッフェンブルグの車のナンバープレート)ナンバーの車はイカレた運転をする事で有名で、OGとはドイツ語で『No Brain』ちゅうねん。」と教えてくれました。
日本で言うところの「和泉」ナンバーか?(笑)

ドイツとフランスの国境はライン川です。
橋を渡ればフランスです!
EU諸国はパスポートを見せずとも、そのまま国境を越えれるので、違う国へ行く感覚がありません。
橋の真ん中にポツンと立て札があるのみ(しかも、思いっきりピンボケ)
フランス!
真ん中に「FRANCE」と書いてあるだけ。

後は5時間、パリを目指して走るのみ!
しかし、これが苦痛!
ナゼかと言うと、5時間ずぅ~~~~~~~~~~~~~っと同じ景色!
france03france02FRANCE01
のどかにもホドがあります。しかも、ずっと曇りやし!(フランスはあまり晴れの日はありません)

そんなこんなで、無事パリに到着した我々チーム・グロテスク(2名のみやけど)は、早速ブース設営に入ります!
まずは車から荷物を運びます。
ブース
ビールケースの寸法を測って、専用のトロリーを作った、抜かりなきダニエルくん。

さーて、早速始めましょう!
ブース

こんな感じで並べていきまして…。
ブース

うーん。
ブース

イーネッ!
ブース

積み上げて、積み上げて…。
ブース

ひとつひとつ丁寧にケース同士を固定していきます。
ブース


カナリ、それらしくなってきました!
ブース

テーブルと椅子もビールケースで作ります!
ブース

まだまだケースを運び込んで…、
ブース

こんなに使うんかいな?と疑問を持ちつつ
ブース

全てはコイツの積み重ね。
ブース

後はゲートを作って、外観は終了!
ブース

発泡スチロールで作られたブランドロゴを貼り付けて…、
ブース

ババーン!
ブース

ランプも付けましょうね!
ブース

フレームを贅沢に使った、オリジナルランプです!(販売可!)
ブース

一際、異彩を放つビールケースの城が完成しました!
ブース
大人版の積み木と言ったところでしょうか。

終わったのは、開始から5時間ほど経った夜の7時頃でした。。。
ブース

実は、ブリュワリーでケースを借りに行った時、「一体ナニに使うねん?」と当然の質問をされました。
「展示会でブース作りに使いたい。」との旨を伝えたら、「ジャンジャン宣伝してきてくれ!」と
ビール5ケース(100本)をプレゼントしてくれたんです!
この心意気、カッコエエね!惚れました。

この後、ホテルにチェックインしてシャワーを浴び、いきつけ(?)のピザ屋さんで晩メシ。
スタッフのインド人がオイラたちの事を覚えてくれてました!
(オイラたちは彼の事をMr.インディアナ・ジョーンズと呼んでいます。)
「また明日来るわ!」と言い残して、その後一回も行きませんでした。。。 
去年は3回も行ったのに
ゴメンね。

さ、明日から本番です!
一気に文章と写真が少なくなりますよ~!(笑)
スポンサーサイト
2009/09/29 18:02|新作情報CM:0
当blogをご覧いただいている、数少ないgrotestantの皆さま、こんにちは。

本日、天才フォトグラファーであるフナーキー氏に依頼していた新作画像が届きましたので、珍道中の最中に新作発表しちゃいますっ!

細かい説明は一切ヌキ! とにかくご覧ください!
ドンッ!

grotesque|frame ULTIMATE
YOSHI
yoshi

yoshi

yoshi

YOSHI in 002
yoshi

YOSHI in 150
yoshi

YOSHI in 151
yoshi

YOSHI in 152
yoshi152.jpg

YOSHI in 153
yoshi153.jpg



YURI
yuri_image01.jpg

yuri_image04.jpg

YURI in 002
yuri002.jpg

YURI in 150
yuri150.jpg

YURI in 151
yuri151.jpg

YURI in 152
yuri152.jpg

YURI in 153
yuri153.jpg

これぞグロテスク!と言わしめたgrotesque|frameの新機軸 ULTIMATE コレクションの第一弾!
今まで大人しくなりすぎていたgrotesque|frameが、デビュー当時の「やんちゃ」なイメージを、今後この「ULTIMATE」コレクションにて大暴れいたします!
先ずはご挨拶がてらの新作「Y-Series」、「YOSHI」と「YURI」です。
ネーミングからして、完全に日本マーケットを視野に入れていることが丸見えなんですが、悲しいかな、バキューン!と心を撃ちぬかれた方多数…。
"ダニエルしてやったり"のドヤ顔が忘れられません。(笑)

全国の眼鏡屋さんは、IOFT2009にてジックリとご覧になってくださいませ!
間もなく、IOFTの招待状を送付させていただきます!
現在お取り扱いが無く、ご興味をもたれた小売店様がいらっしゃいましたら、右側ツールバーにございますメールフォームより、お気軽にご連絡くださいませ!
一般ユーザーの方は、店頭納入まで今しばらくお待ちくださいますよう、お願いいたします!

100% BOREDOM-FREE!
2009/09/28 23:59|展示会CM:0
当blogをご覧いただいている、数少ないgrotestantの皆さま、こんにちは。

ようやくお仕事モードに突入します!

2009年9月15日(火)
この日は朝からレンタカー屋さんでバンを借りて、Silmo展でのブース設営に必要な「あるモノ」を取りに行きます。
プジョー
ドイツなのにプジョー(笑)

やたらと長いバンで向かった先は・・・、
beer
grotesque|frameとイメージカラーが同じグリーンの、黒い森にあるビールブリュワリーAlpirsbacher Klosterbräuさん!
一体、ビール工場に何の用事があるねん?と・・・。

目的のモノはコレ・・・。
ケースケース
ビールケースです。
コイツを約300個ほどお借りしまして・・・、
次から次へと、バンへ詰め込みます!
vanvanvan

昼間の肉体労働はこれにて終了!後は事務所に戻って新型サンプルのチェック!
新型サンプルのチェックゥ~!?
そう、Silmoが始まる2日前に届けられたSilmoコレクション(笑)
まさに綱渡り!
検品作業を終え、展示会用のディスプレイを車に積み込んで、一通り準備を済ませ、再びベナー一家で晩飯をいただき、ホテルに戻って就寝。。。

明日は早朝6時にパリへ向けて出発なのだ!

2009/09/27 19:50|展示会CM:0
当blogをご覧いただいている、数少ないgrotestantの皆さま、こんにちは。
まだメガネネタは出てきませんので悪しからず…。

ダニエルの家で、ダニエラと再開!そして、愛娘マチルダと初対面!
ダニエラ・マチルダ
ム、ムチャクチャ可愛いマチルダ!

ダニエルの家は、マチルダが這いずり回る為に土足禁止になっていました。
自分たちは専用のクロックスがあったのですが、オイラにはありませんでした。
「これでも履いとけ!」
と渡されたのが、コイツ!
シンプソン
しかも、Silmoでも履くように!との命令が下されたのです。。。

暫くお茶を飲んだりとマッタリした時間を過ごし、昼飯&観光に出発!
目指した先は、黒い森にあるSchramberg(シュランベルグ)という小さな街です。
シュランベルグとは、ロットヴァイルより車で約30分ほど走った谷間にある街で、ドイツが誇る時計ブランド「JUNGHANS」(ユンハンス)の本社があるのです。
その街を見下ろす山の頂に古城があるので、そこへ向かいました。
城城城
城城
ロットヴァイルの次に気に入った街です!
道も覚えたから、次はアナタをお連れします!

その後、カッコー時計で有名な街を訪れたり、有名な滝を散策したりと、それはそれは日本人と出会う事の無い場所に連れて行ってもらいました。
ハト時計滝の前

帰りにベナーファミリーに混じって近所のスーパーへ夕食の買出し。
ダニエルは、タマゴ料理のプロフェッショナル!との事でしたので、期待◎
そして、ベナー家で晩飯をいただいたのだ!
タマゴ料理のプロフェッショナルが作ったタマゴ料理とは、ただ単に「目玉焼き」でした。
しかも、いたって普通の味。

その後、ダニエルと二人で街の中心地へ繰り出し(徒歩10分)、BARでビールで再び乾杯
しかし、オイラのカラダに異変が…。
気付けば、3時間機内で寝たとは言えど、ほぼ48時間起きっぱなしだったのだ!
時差ボケになった事がないと言えど、一日朝から晩まで観光して、ビールばっかり飲んでたら、眠たなるっちゅうに!

ホテルに戻って、長かった一日目が終了…。

まだまだ続く。
2009/09/25 19:17|展示会CM:0
当blogをご覧いただいている、数少ないgrotestantの皆さま、こんにちは。

では早速参りましょう!
今まではKLMにてヨーロッパ入りをしていたのですが、今回ダニエルより「朝に来い!」と言われたので、早朝にフランクフルトに着く便を探す事が前提となっていたのです。
調べても調べても意外とないんですよね、コレが。
そこで辿り着いたのが、香港経由のキャセイ・パシフィックだったのです。
ひこーき

2009年9月13日(日)
日曜の夕方、関空ガラガラです。全ての手続きがスイスイで、少し時間を持て余しました。
そして、約3時間半で香港に到着。
フランクフルト行きの便に乗り換える為、空港内を移動です。
が、空港がデカすぎます。
ホンコン
どれだけ歩かすねん!と言うぐらい長いのだ。(その前に空港内の地下鉄に乗ってるし。)
香港の空港内は、無料Wi-Fiが飛んでいて時間を有効に使えるので便利です!
ススんでるぜ、香港!

2009年9月14日(月)
その後、約12時間のロングフライトで現地時間の午前6時にフランクフルトに到着!
ここから少し不安があったのです。
ダニエルと待ち合わせしているのはシュトゥットガルトの駅なので、電車で向かう事になっているのだ!
しかも、乗り換えが必要。。。
えーい!行ってまえー!の根性で切符購入!
2分で完了。 迷う余地ナシ! そのままプラットホームへと歩くのだ。
えき
これはフランクフルト空港の「遠距離」用の駅。
ドイツ新幹線の「ICE」に乗り込むのだ!
コレだ!
新幹線!
正直車内は、日本の新幹線の方が快適でした。
途中のマンハイムで無事に乗り換えをして、目的地のシュトゥットガルトに到着!
そして、ダニエルと約1年ぶりに再会!鼻血が出るまで往復ビンタをやりあいました。(ウソ)

この時、朝の9時ちょっと過ぎ。日本を出て22時間経過しておりました。
機内で寝たのは約3時間。。。体力勝負の一日になりそうです!

ダニエルの住む街、ロットヴァイルまではアウトバーンをブッ飛ばしても約1時間かかります。
ここで勘違い情報。
ドイツのアウトバーンって全て速度無制限やと思っていますよね?
オイラもそう思っていました。
でも!
実は、速度制限があるのです。 ただ、『「速度無制限」の区間がある』だけなのですな。
しかもドイツの人はみんな、キッチリと速度を守ります!
ブレーキを踏んでまでも、速度を落とします。
ルールとマナーをしっかりと守るんですね。
当たり前の事ですが、日本人にできていない事やと思いました。

ままま、その後チョロチョロと寄り道してから、ダニエルの家へと到着したのでした。
うち

続く。
2009/09/24 15:04|展示会CM:0
当blogをご覧いただいている、数少ないgrotestantの皆さま、こんにちは&ご無沙汰しております。

昨日、パリで開催された「なるほど・ザ・メガネ 秋の祭典スペシャル」 別名:Silmo展 から戻ってまいりました!
時系列でご紹介をば…。
9/13(日)の夕方、関空より香港経由でドイツはフランクフルトへ。
そこからドイツ新幹線ICEに乗り込み、シュトゥットガルトまで約1時間の旅。
シュトゥットガルト駅でダニエルにピックアップしてもらい、ダニエルの住むロットヴァイルまでアウトバーンをブッ飛ばして約1時間。この時点で、日本を離れて24時間経ってました

まず今回は序章として、Silmoでのgrotesque|frameブースと癒される画像で、皆様のご機嫌を伺ってみます。

ブース
今回は、ドイツ南西部の「黒い森」にあるAlpirsbacher Klosterbräuというビール会社からケースを約300個借りて、ダニエルと二人で5時間ほど掛けて作り上げました。(詳細は後日)

それと、ダニエル&ダニエラの宝物。
マチルダ
マチルダ(♀) 7ヶ月です

メチャメチャなついてくれました
マチルダ2
まだ髪の毛は薄いけど、将来美人確定です。

続く…。
2009/09/13 13:26|展示会CM:0
当blogをご覧いただいている、数少ないgrotestantの皆さま、こんにちは。

本日13日より23日まで、パリで開催される「なるほど・ザ・メガネ 秋の祭典スペシャル」に参加するため、国外逃亡を計ります!
「ひょうきん ゆみ」の如く、おもしろリポートはできませんが、できるだけ現地更新を試みたいと考えておりんす。

Silmoに行かれる日本の方が例年よりも少ないと聞いておりますが、そこは大阪河内のノリと勢いと心意気で盛り上げてこようと企んでおるのです。

もし会期中に、どーしてもオイラの声が聞きたいとおっしゃられる殊勝な方がいらっしゃれば、日本時間の夕方5時以降にお電話ください。
それ以前の時間帯ですと、時差の為、向こうは深夜~明け方なので、オイラ電話に出ないか、若しくはごっつい不機嫌かどちらかになると思われます。
ままま、PCメールは24時間大丈夫ですので、ガンガンとメールくださいね。
スグに返信できるかどうかはわかりませんが・・・。

暫くの間、ご不便をお掛けしますが、宜しくお願いいたします。

ほな、行ってきま~す!

検索フォーム

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 benner - formerly known as grotesque frame All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。