benner - formerly known as grotesque frame

2011年10月、grotesque frameはbennerへ名称を変更しました。

プロフィール

benner|agent

Author:benner|agent
ドイツの個性派アイウェアブランド、benner(ベナー)です!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/19 23:59|Trunk ShowCM:2
当blogをご覧いただいている、少し数が増えてきたgrotestantの皆さま、こんにちは。

11月も半ばを過ぎ、急に寒くなってきた今日この頃ですが、皆さま体調は大丈夫でしょうか?
この寒さに対抗するには、内側からフツフツと燃えたぎるようなイベントがあれば…なんてお考えの方もいらっしゃると思います。

そんな(どんな?)アナタに打ってつけのイベント情報でーす!

来る12月13日(日)、大阪は都島(みやこじま)の名店、genesis glassesサマにてgrotesque|frameトランクショウを開催いたします!
今回のトランクショウは、「日本 対 ドイツ」と題しまして、日本とドイツそれぞれを代表する眼鏡を一斉に展示し、高品質にこだわるそれぞれの国のアプローチの仕方を堪能していただく事を主旨としております。
ドイツ代表は、我々grotesque|frame
そして日本代表は、SOLID BLUEHUSKY NOISE

この日は、SOLID BLUE & HUSKY NOISEの名デザイナーである金ナントカ氏も来店し、夢?の競演が繰り広げられます!

ゼヒご近隣のお住まいの皆さま、西日本一ダンディなオーナーのお店、genesis glassesサマへ足をお運びくださいませ!
億単位のビッグビジネス中
「今、一番ナウい美豚Tシャツを着たワタシが、アナタをお待ちしております!」 by オーナー



その2週間後の12/26(土)は、鈴鹿のGLASSES CONTI 鈴鹿店サマへ赴き、日本眼鏡業界の裏街道(誉め言葉)を驀進中の影郎デザインワークスさまと合同トランクショウを開催いたします。
ナニが起こるかわからない、前人未到!空前絶後!なトランクショウになるでしょう! …たぶん

では、いずれかのお店でお会いしましょう!
tschuess!!

*genesis glassesサマ … http://www.genesis-glasses.com/
*SOLID BLUE … http://www.solid-blue.com/
*HUSKY NOISE … http://www.huskynoise.com/
*GLASSES CONTI 鈴鹿店サマ … http://glassesconti.blog120.fc2.com/
*影郎デザインワークス … http://www.ogaki-tv.ne.jp/~kagero/
*grotesque|frame … http://www.grotesque-frame.com
スポンサーサイト
2009/11/13 18:52|お知らせCM:3
Orochi製造中止のお知らせ。

いつもgrotesque|frameブログをご覧いただき、有難うございます。
突然ですが、皆さまに重要なご報告がございます。

今春、Japan Limitedとしてリリースを予定していたOrochiですが、製作段階で製品化できない事実が判明したため、リリース中止の決定をいたしました。

一度目の失敗から3ヶ月かけて二度目の製作に入ったのですが、結局製品化に失敗した模様です。

皆様にこういう形での発表になる事はとても残念な事で、心待ちにしていただいていた皆様方には、お詫びのしようもございません。

ただ今後、Orochiを具現化できる工場を探し、必ずやOrochiを復活させる!とダニエルと約束をしましたので、時期は未定ではございますが、それまでお待ちいただければ幸いと存じます。

皆さまのご支持が我々の原動力でございます。
どうか今後もgrotesque|frameを温かい目で見守っていただきますよう、末永く宜しくお願いいたします。

2009年11月13日
grotesque|frame
代表 ダニエル ベナー
日本エージェント 木下 順愛
2009/11/07 23:59|新作情報CM:0
当blogをご覧いただいている、少し数が増えてきたgrotestantの皆さま、こんにちは。

ちょっと間が空きましたが、2009AW最後のご紹介となりました。
「え?新作ってこれだけ!?」って?
そーですよ。全部で6型です。
ホンマはもうひと型発表されたんですが、Silmoでの受注があまりにも少なすぎたので、ボツとなったのであります。(笑)

ラストを飾るのはコレっ!
Jack(ジャック)です!
Jack.jpg

いぶし銀サーモントブロー!全カラーバリエーションです。
jack01.jpg
jack02.jpg
jack03.jpg
jack04.jpg
jack05.jpg
やいテメーコノヤローと。黒ばっかじゃねーかコノヤローと。
手抜きすんじゃねーよバカヤロー!とお怒りの声が聞こえてきそうなので、掘り下げてみましょうね。

jack06.jpg
あれ?

jack07.jpg
あれれ?

jack08.jpg
っとまぁ、A面はすべて同じブラック(ダニエル曰く、ミステリアス・ブラック)で、B面のカラーで違いを出しているツウ好みなカラーの魅せ方!
過去のコレクションには見られなかった新しい表現方法で、アナタの心を狙い撃ち!
派手なだけがgrotesque|frameではないのですぞ!

しかし、このシェイプはドコかで見たことあるよなぁ?と思われた方!
あまりにもgrotesqueを知りすぎているアナタを、抱きしめてチュウした後で、ジルバを踊りたいっす!

jack09.jpg


そう!元ネタはコチラ。
nobu
'08 AWアルミコレクションの「Nobu」でございます。
自分の名前がモデル名なのに、一瞬でディスコンとなり一抹の寂しさを拭いきれなかったオイラでしたが、ちょっと救われた感じです(笑)

ULTIMATEシリーズという大暴れできるフィールドを作った事によって、変幻自在な展開が可能となったgrotesque|frameから、今後目が離せないわよー!

本日の1曲
Toy Dolls 「Fiery Jack」

20年前のクリスマスにライブを観に行って、無茶苦茶コーフンした事を思い出しました。
TOY DOLLSはライブを観て、ますます好きになったバンドです。
2009/11/04 23:59|新作情報CM:0
当blogをご覧いただいている、少し数が増えてきたgrotestantの皆さま、こんにちは。

新作紹介をどんどんいきまっせー!

Quazim(クアジム)です!
Quazim.jpg

美しきダイアモンドカットのテンプルで大好評を博した、頭文字Qから始まるQ-Seriesの第二弾!
テンプルの美しさを損なわない、大胆なフロントシェイプで勝負!

quazim06.jpg
前回のQuintoはスッキリ&シャープなイメージでしたが、今作は厚みをとって、丸みを持たせ、カワイイ女子増殖作戦の開始です!

quazim07.jpg
これはオイラの中では第一印象が悪かったのですが、ずーっと見てると「エエやんかいさー。」と思えてきたのです。

quazim08.jpg
サイドビューは、やはりキリッと引き締めます。

quazim09.jpg
ミクロでみて、惚れ惚れする磨きにウットリするもよし、マクロでみて、自身の変身ぶりに驚いてみるもよし!(モチロンいい意味でね!)

quazim10.jpg
うつむき加減の時は、サンドされてる生地がクリアのため、重苦しいイメージを与えないのです。
よくダニエルの事を「鬼才」と呼ばれる方がいらっしゃいますが、彼は「鬼才」であり「繊細」なのであります。
大胆且つ細やかな彼のデザインアプローチは、流行りを追いかけず、自身の信じた道を突き進む彼の心を表しているのです。

grotesque|frameの進化はまだまだ止まりません!

本日の1曲
The Cardigans 「Sick And Tired」

ステキ女子と言えばこれかな?って事で…。

2009/11/02 23:59|新作情報CM:0
当blogをご覧いただいている、少し数が増えてきたgrotestantの皆さま、こんにちは。

さささ、早速!新作のご紹介と参りましょう!
どやさ!

Duncan(ダンカン)です!
Duncan.jpg
テンプルの美しすぎるラミネーションが、この春のスマッシュヒットとなったD-Seriesの新作です。

duncan01.jpg

duncan02.jpg
このほんわかとしたレンズシェイプは、時には凛々しく、時には柔らかい表情を作ってくれます。


duncan03.jpg

duncan04.jpg
やはりキモはテンプルの美しさ!
ツルンとプルンとした甲丸感でグラデーションを強調し、横顔美人を演出!

売れ筋のカラーを採用するのではなく、自分が「コレだ!」と信じたカラーで勝負する、デザイナーのダニエルの心意気を感じ取ってください。

本日の1曲
The Offspring 「SMASH」

「スマッシュヒット」というワードを聞くと、この歌を思い出します。
2009/11/01 19:09|新作情報CM:0
当blogをご覧いただいている、少し数が増えてきたgrotestantの皆さま、こんにちは。

IOFTのコーフン冷め止まぬ今、新作のお披露目と参りましょう!

まず一足先にgrotesque|frameの新機軸、ULTIMATE SERIESをご紹介しました事は、記憶に新しいかと思います。
詳しくは→コチラ
デビュー当時に与えたインパクトがあまりにも印象的だったgrotesque|frameは、その後ナリを潜め、ややシュッとしたデザインが多くなってきておりました。
欧米ではそのデザインは高く評価され、徐々にではありますがその認知度を高めてきたのですが、ココ日本に於いては、そのデザインがなかなか受け入れてもらえなかったのです。
やはりgrotesque|frameと言えば、「グロくてナンボ!」的なイメージが先行し、また受け入れられていましたので、ココはダニエルとBFAM(=Brother From Another Mother)のオイラが提案するしかないっ!と奮い立ち、ダニエルに『やんちゃシリーズ』を作ってくれ!とお願いしたのです。
grotesque|frame ULTIMATE グロテスクフレームの"究極版"と名づけられたコレクションは、今後継続してリリースされますので、ご期待ください!

そんなワケで通常のgrotesque|frameは、堂々とシュッとしたデザインができるようになりました(笑)
しかしそれはそれで、他には見られないグロテスクらしいヒトヒネリがございます。
ご覧ください。

Muriel(ムリエル)
muriel01.jpg
マルチカラーが美しすぎる頭文字Mから始まるM-Series初のナイロールブロー。
オーバルフォックスが小気味いいのです。

muriel02.jpg
潔い原色バリバリのカラーを、上手く押さえ込んで、上品ささえ漂ってきます。

muriel03.jpg
マクロで見ると、高品質さが伺えます。

Muriel in002
muriel002.jpg

Muriel in 133
muriel133.jpg

Muriel in 134
muriel134.jpg

Muriel in 135
muriel135.jpg

Muriel in 136
muriel136.jpg

実はこのモデル、原型はコチラなのです!
nene
昨年秋にリリースされたアルミニウムシリーズの「Nene」のプラスティックバージョンだったのです!
エコの精神?に基づいてなのか、ただ単にお気に入りのシェイプやったのかは定かではありませんが、素材が変わると全くベツモノになるのがよくわかりますね。

全国の女子の皆さま、ゼヒお試しくださいませ!

本日の1曲
THE BLUE HEARTS 「あの娘にタッチ」

女子という単語から想像した曲がコレでした。

検索フォーム

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 benner - formerly known as grotesque frame All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。