benner - formerly known as grotesque frame

2011年10月、grotesque frameはbennerへ名称を変更しました。

プロフィール

benner|agent

Author:benner|agent
ドイツの個性派アイウェアブランド、benner(ベナー)です!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/10 16:13|お知らせCM:7
当blogをご覧いただいているbenneristの皆様、最近どんな感じですか?

さて前回のブログで告知をしておりましたが、遂に!
我がbennerのCOSMOシリーズアプリがiPadにてリリースされました!( ´ ▽ ` )ノ

bennerapp01.jpg
iPadをお持ちの方!
早速App Storeにて「benner」で検索してください!( ´ ▽ ` )ノ

ザックリと中身の説明をしますと・・・
まずCONCEPTをタップすれば
bennerapp02.jpg
COSMOシリーズの「高品質な機能性」をパーツごとにクドイほど(笑)説明しております!

で次!
bennerapp03.jpg
LOOKBOOKでは、プロのモデルに掛けさせるのではなく、街行く一般の方々にモデルになってもらっております!
「モデルが掛ければ、そりゃ似合うに決まってるがなー!」と現実離れしたイメージではなく、あくまでも日常のヒトコマを切り抜いたシーンを撮影する事で、よりリアリスティックに受け止めていただきたいというダニエルの考えの下に作られたコンテンツであります!
何と素晴らしい着眼点!( ´ ▽ ` )ノ

しかし、我々日本人からすれば、ドイツ人が掛けて似合ってる写真を見ても、全然リアルに受け入れられませんけどね!(笑)
「やっぱり外人さんは似合いはるわー!」って思うだけやもんね。。。

ままま、そんなネガティブにならず、このアプリを製作した最大の見どころが次!
カラーを全てのシェイプでシミュレーションできるんです!
bennerapp04.jpg
コレさえあれば、もうサンプルフレームが必要ありませんね!
っちゅう事は、オイラも必要ナシ!なんて言わないでね!(´Д` )

やっぱり視覚的に飛び込んでくる情報はとても大切なので、いかにして皆様にわかりやすくお伝えする事が出来るか?と、ダニエルが春に来日した時に話し合っておりました。
その時に生まれたアイディアが「アプリにしちゃえ!」だったのです( ´ ▽ ` )ノ

ただアプリにした理由はそれだけじゃございません!
だってカラーシミュレーションだけなら、別にパソコンでも出来るワケですからね。
じゃあアプリにした利点とは何かと言うと、写真を撮れる事なんです!( ´ ▽ ` )ノ
bennerapp05.jpg
モデルはOAKLEYのボブくんにお願いしました( ´ ▽ ` )ノ

このように自分でお気に入りのカラーシミュレートしたCOSMOシリーズを自分の顔に乗せて写真を撮れるようにしたのです!
(カメラボタンは左上にあります。)
その他、「MEASREMENTS」をオンにすれば、各箇所のサイズが表示されるし、お気に入りの1本がシミュレートできた時は「ADD+」をタップしればリストに登録されます!(最大5件)

最終的には、実際に実物を掛けてみて判断される事をオススメいたしますが、ある程度「どんなんかな?」と判断するには十分なほどの情報をこのアプリから得る事が出来るようになりました!

とことんストイックに自分用を探すもよし、友達と撮りあいっこするもよし、取扱店サマならこれでシミュレーションしてオーダーくださるもよし!(笑)
とにかく決まった使い方なんてありませんので、自由自在に遊んじゃってくださいませ!

ちなみにiPhone用はapple社から「ボタンが小さすぎるからアカン!」と言われたそうです・・・(´Д` )

モチロン、アプリは無料ですので、じゃんじゃんとダウンロードしてくださいませーっ!

楽しい事には手を抜かないbennerに、これからもご注目ください( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト

検索フォーム

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 benner - formerly known as grotesque frame All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。