benner - formerly known as grotesque frame

2011年10月、grotesque frameはbennerへ名称を変更しました。

プロフィール

benner|agent

Author:benner|agent
ドイツの個性派アイウェアブランド、benner(ベナー)です!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/26 19:02|お知らせCM:0
当blogをご覧いただいている、数少ないgrotestantの皆さま、こんにちは。

本日ご紹介するのはDaniel Bennerです。
ちょっと、今さらデザイナー紹介されても…って思うのは早計で、grotesque|frameラインとデザインコンセプトを違えた、クラシックレトロなコレクションの事です。

デビューは2006年のIOFTで、ダニエルは2回目、ダニエラは初めての来日の時でした。
この「Daniel Benner」ラインを立ち上げた理由は、保守的な国民性のドイツではgrotesque|frameの持つポップなテイストは、なかなか受け入れられなかったそうです。
ブランド創設時は「世界で受け入れられればOK!」と考えていたが、やはり自国で自分のデザインしたフレームを見かけないのは、正直淋しい。。。
と言うことで、レトロテイストを前面に出しながら、grotesque|frameで培ったアイディアを盛り込んだ「Daniel Benner」を立ち上げたのです。

百聞は一見にしかず!って事で、ご覧くださいませ~い!

Daniel Benner Fiftyone 119
db51119
フロント層を段落ちカットすることによって、ウラ層を見せる、いや魅せるテクニックを施す事によって、単なるレトロ調なデザインとなっておりません。
天地幅を深くとっているので、遠近両用にもOKです!

Daniel Benner Fiftytwo 002
db52002
grotesque|frameでは見ることの出来ない「守り」のシェイプ&カラー。
しかし、外せないブラック。
女子まっしぐらな1本です。

Daniel Benner Fiftythree 002
db
欧米人に比べて、顔幅が広い我々ニッポン男児に嬉しいワイドモデル!
作り込みが非常に美しく、"Made in Germany"を感じとれます!

全5カラー展開となっております。
db
col.120

db
col.121

db
col.122

続く!
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 benner - formerly known as grotesque frame All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。