benner - formerly known as grotesque frame

2011年10月、grotesque frameはbennerへ名称を変更しました。

プロフィール

benner|agent

Author:benner|agent
ドイツの個性派アイウェアブランド、benner(ベナー)です!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/19 18:30|ウラ話CM:0
当blogをご覧いただいている、数少ないgrotestantの皆さま、こんにちは。

Orochi誕生秘話の最終回です。

ちょうどコレクション名が決まった頃、ダニエルより「Orochi こんなん、どや?」的な画像が届きました。
その画像を見て、オイラはひっくり返りそうになりました。。。
あまりにも衝撃的、いや、笑撃的すぎたのです。
「ドコ行くねん?ダニエル!」と言いたくなるほど、「クレイジー」の意味の履き違えたデザインだったのです。
それは、バッターボックスで竹刀を持って立っているようなモンです。
「オモチャやない!」と。「オモチャメガネのデザインをしろとは言ってない。」と思いっきりダメ出しを突きつけてやりました。
残念ながら、その画像はお見せできません。
なぜなら、それをココで公開することは、grotesque|frameのイメージを地の底まで失墜させるには十分すぎるパワーがあるからです。

次にダニエルから、ドイツで有名なモノをモチーフにデザインしてみた!と連絡があり、画像が送られてきました。
その画像を見て、オイラはその場に崩れ落ちました。。。
それは、今まで見たことのないメガネで、どう判断すれば良いのかわからなかったのです。
多分、人類で初めてナマコを食った人と同じ心境だったのではないでしょうか?
「クレイジー」を日本語にするなら「クルクルパー」ならば間違ってなかったかもしれませんが。。。
それは、バッターボックスでカサを持って立っているようなモンです。
「100%ムリ!」と全否定をくれてやりました。
残念ながら、その画像はお見せできません。
なぜなら、それをココで公開することは、grotesque|frameのイメージを地の底まで失墜させ、さらに自分の目線の高さまで跳ね返ってくるぐらいの破壊力があるからです。

その後ダニエルはスランプ状態に陥りました。
要するに、ドイツ人が思い描く「CRAZY」と、日本人が思い描く「クレイジー」には、意味の捉え方に大きなギャップがありすぎたのです。
しかし、タイムリミットは刻一刻と迫ってきます。
あの一目見たら忘れられないデザインをした、ダニエル・ベナーと言う刀は錆び付いてしまったのか?
出口の見えないトンネルを彷徨うダニエルを救い出す為に、grotesque|frameを愛する取引店さま数軒に相談を繰り返す日々…。
その中で、やはり一番多かったのが1stコレクションの復活を望むお声でした。
その事をダニエルに伝えてみました。
「1stコレクションを進化させてはダメかな?それこそが日本人が求めるgrotesque|frameやねん!それで頼むわ!」と思い切って言ってみると
「よっしゃ!わかった!」と威勢のイイ返事が返ってきました。
それが2月末の事でした。

これ以来、ダニエルはデザインを見せてくれなくなりました。
見せてくれ!と言っても「No! Wait!」と言うだけ。
今思えば、よほどの自信があったのでしょう。
色は決めたから、生地だけは見せたるわ。と
orochicolours
こんなん見ただけでナニがわかるねんっ!?と思いながら、「イイ色やろ?」とダニエルに聞かれ、「サイコーや!」とテキトーな返事をしたオイラでしたが、正直、あんなにカッコイイのが出来上がるなんて、夢にも思わなかったのが正直な気持ちです。

ですから、初めて実物を手にした時、あまりのかっこよさにマジで震えました。
他の新作が霞んでしまったぐらいです(笑)
Orochi shell/blackOrochi yellowwaveOrochi lamender
photographer KEN

その刹那、これは絶対に受け入れてもらえる!と確信しました!
結構な紆余曲折があったので、感慨もヒトシオでした。
ダニエル・ベナーと言う刀は錆び付いてはいませんでした!
名刀復活の瞬間です。

これから毎春、Japan Limitedをリリースしていく予定ですので、「桜の季節はグロテスク!」を合言葉に楽しみにしていただければ幸いと存じます。

長い文章に最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました!
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 benner - formerly known as grotesque frame All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。