benner - formerly known as grotesque frame

2011年10月、grotesque frameはbennerへ名称を変更しました。

プロフィール

benner|agent

Author:benner|agent
ドイツの個性派アイウェアブランド、benner(ベナー)です!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/29 14:03|展示会CM:0
当blogをご覧いただいている、数少ないgrotestantの皆さま、こんにちは。

いよいよ約3週間後に迫って参りましたSilmo展
何度も行かれている方でも迷ってしまうほど広すぎる会場ですので、目的のブースを探して、またそこへ辿り着くまで一苦労あると思います。

ザックリとではありますが、grotesuque|frameブースまでの道順をご説明いたします!
大半の皆様はメトロで会場へ来られると思うので、ソチラから参りましょう!
駅から大体の人の流れに沿って歩いていくと、メイン会場(Hall 1)へ向かいます。
それはビックリこいて屁こくぐらいデカい会場です。
ソチラから入場されると、左奥の方にエスカレーターと階段が見えますので、そこを目指してください。
エスカレーターを昇り、渡り廊下のようになっている通路を進むと、主に中国・韓国・香港のブースが一同に会したPacific Hall(Hall 2.2、2.3)があります。
そこを突き抜けドンドン進んでいくと、我がgroteque|frameを始めハウスブランドがひしめくLe Village(Hall 3)へと辿り着けます。
ここまでで、入り口から早足で約10分ほどかかります。
ココから一気に雰囲気が変わるので、否が応でもテンションが上がりますよ!
さて、grotesque|frameのブースナンバーはG-51ですので、そのまままっすぐ進んでください。

そこからはキョロキョロして探してくださいね!(笑)
目印としては、お隣りがFACE a FACEさんで反対隣りがCUTLER AND GROSSさんです。また斜め前はTheoさんとBEAUSOLEILさん!
と、日本では馴染みのあるブランドに囲まれていますので、スグに見つけてもらえるかと思います!
FLOOR PLAN

余談ですが、メトロの切符は「カルネ」という10枚綴りの切符を買うことをオススメします。
一枚当たりが安くなるし、会場から帰る時は切符売り場が混雑するので、それを横目にスルーできるのが便利!
また、切符券売機がめちゃヤヤコシイので、有人の窓口でカルネを買いましょう!
至ってカンタンなフランス語で買えますので、こう言ってください。
「ボンジュール!(夜ならボンソワー)、 アン カルネ シルブプレ。」
以上です。
受け取った後は「メルシー。」と言いましょう。

経験によると、カンタンな挨拶だけでもいいので、笑顔で(←ココ大事!)フランス語を使うと、大抵のフランス人は愛想良くなります。
挨拶無しはダメ!無言が一番ダメ!!
日本人はシャイだからか、「どーせ言葉が通じひんもん!」と思っているのかワカリマセンが、挨拶もせず、黙り込む人が多いみたいです。
そうしていると、向こうからは「それなり」の応対しかしてもらえない事が多いです。
笑顔で「ボンジュール!」と言ってみましょう!
それだけで、きっと楽しい旅になりますよ!

ではパリで会いましょう!
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 benner - formerly known as grotesque frame All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。